読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yucken の業務上電脳 Tips 日記、なのだよ。-弐式-

いまさら電脳 Tips を書いてみむとして、するなり.元々は広い意味での電脳(コンピュータ)の Tips を書いていたのですが,いつのまにか,解析ツールの「電脳 ruby」の Tips がメインに.‥‥‥で,5 年間放置してたのだけどやはり Tips を書くブログがないと不便なのでふっかちさせたのであります.(・)>

電脳 ruby インストール再挑戦-続

Mac ruby

さて、ようやく ruby の電脳ライブラリインストールの続きです。前回は、sudo port -d sync がなんだかうまくいかないなあ、ということを確認して終わったのですね。山本さんのサイトの「private portsを導入する」からスタートです。

まず、dpp-0.9pkg をダウンロード。インストーラダイアログが出てきますので (超親切!)、続ける → インストール → アカウントパスワードを入れる で完了です。インストールは成功した模様。で、閉じる。

$cd /opt/myports/
$ls -l

をすると、ほとんどのパッケージはアップデートされています、ruby と science が古い日付のまま‥‥‥。大丈夫なんでしょうか?(苦笑)

お次はコンフィグファイルの編集です。

$ cd /opt/local/etc/macports/
$ sudo emacs sources.conf

最下部に、file:///opt/myports/ を、 rsync://なんとかの前に追加します。そして、portindex を更新します:

$ sudo port -d sync

rsync: failed to connect to rsync.macports.org: Operation timed out (60)
rsync error: error in socket IO (code 10) at /SourceCache/rsync/rsync-37.3/rsync/clientserver.c(105) [receiver=2.6.9]

ううむ、rsync がつなげられないらしい。

MacWiki - MacPorts によると、

  1. LAN 管理者に相談して、rsync ポートの利用を許可してもらう
  2. rsync ポートが閉じられていない別のネットワークに移動する
  3. Subversionports tree を 取得する
  4. rsync の通信をトンネリングする

のどれか。1. は面倒 (爆)。2. は、こんなでかい Mac 動かせるか!(苦笑)。4. はやってみたけど、どうも ssh を使うらしいから向こうのサーバにアカウントがないとダメじゃん。あとは 3. か、、

また中断 (笑)。

file:///opt/myports/ で、さっき dpp-0.9.pkg でインストールした rb-gphys とかは見えているから、あともう一息なんだけどな〜。source.conf の最後 (デフォルト) の接続先の rsync で引っかかっているだけだよねえ?