yucken の業務上電脳 Tips 日記、なのだよ。-弐式-

いまさら電脳 Tips といふものを、書いてみむとして、するなり.元々は広い意味での電脳(コンピュータ)の Tips を書いていたのですが,いつのまにか,解析ツールの「電脳 ruby」と IDL の Tips がメインに (・)>

wget の使い方いろいろ

ダウンロードが失敗したときに途中からやり直す

wget -c https://URL

参考にしたサイト:

wgetコマンドで覚えておきたい使い方16個(+1個) | 俺的備忘録 〜なんかいろいろ〜

ftpサーバに ID とパスワードを指定してアクセスする

wget ftp://id:password@www.example.jp/kaka/kurukuru.jpg

参考にしたサイト:

wgetのftpアクセスでIDとパスワードを指定するには - ITmedia エンタープライズ

特定のディレクトリのみをダウンロードする

wget -r -np -l 0 http://karasu.jp/kakka/

参考にしたサイト:

【UNIX】wgetコマンドでウェブサイト(ディレクトリごと)一気にバックアップする方法

オプションまとめ

  • -c: 失敗したダウンロードを再開
  • -r: 再帰的取得 (説明は難しいけど、ディレクトリ下層もダウンロードする、など)
  • -l 数字: リンクをたどる階層の指定。例えば -l 3 なら、3 つ先のリンク先 (?) までダウンロードする。-l 5 がデフォルト。-l 0 は全階層 (と説明があったけどよく分からん…一番下の階層までダウンロードしに行くと言うこと?)
  • -np: 親ディレクトリは無視

Mac (iTerm などのターミナル) で md5sum ができる!

知らなかった…今までの苦労は…(;・)>

インストールの仕方は:

macOSでmd5sumを使う

brew install md5sha1sum

brew install md5sum ではダメなのがポイント( ˘ )>

具体的な使い方は:

[Linux] MD5の値を大量にチェックする

具体的な説明はし辛いのですが、こんな感じです:

$ls
a b
# a, b というディレクトリがある

$ls a
001.dat 002.dat 003.dat
$ls b
001.dat 002.dat 003.dat 
# a, b それぞれのディレクトリに同じ名前のファイルがある

$cd a
$md5sum a > a.md5
# a ディレクトリに降りて md5 値をファイルに取得

$cd ../b
$mv ../a/a.md5 .
# b ディレクトリに移って、さっき取得した md5 値を取得したファイルを持ってくる

$md5sum -c a.md5

ここまでは分かったのだけど、以下で書いた標準出力やエラー出力を使ってどうこうするというのがどうも上手くいかない。以前使っていた時も、これで対処できなかった記憶がある。結局シェルスクリプトで、diff に回して調べてたんだっけ?( ˙)>

このあと全部間違い…

$md5sum -c a.md5 2> err.md5

¥#md5 値のチェックして標準エラー出力でファイルに出す。全ての対応するファイルが一致していれば err.md5 には何も出力されない

最後の標準エラー出力の所は、うろ覚えです。確かこれでよかったはず…(・)>

追記

OK のファイルを標準出力、問題があるファイルを標準エラー出力で、次のようにファイル出力すればいいのでは?

md5sum -c a.md5 1> ok.log 2> err.log

Windows on VMWare の「仮想マシン」イメージファイル(ファイル群?)のサイズを減らす

場合によっては劇的に容量が縮小する場合があるので、時々やっておいて損はないです。実際には、29.0 GB が 27.5 GB まで縮む程度の場合が多いです。

毎度、参考になるサイトを探すので苦労するので、今回(先週くらいに実施)お世話になったサイトをメモっておきます:

ht-jp.net

qiita.com