yucken の業務上電脳 Tips 日記、なのだよ。-弐式-

いまさら電脳 Tips を書いてみむとして、するなり.元々は広い意味での電脳(コンピュータ)の Tips を書いていたのですが,いつのまにか,解析ツールの「電脳 ruby」の Tips がメインに.‥‥‥で,5 年間放置してたのだけどやはり Tips を書くブログがないと不便なのでふっかちさせたのであります.(・)>

Windows からデータを救出する

という機会に恵まれました。あまり恵まれたくありません (- -;) が。条件は下記の通りです。

  • WindowsXP を立ち上げるとき、ユーザ名・パスワードを入れた(ログオン)直後に固まる。デスクトップの絵は出てくるが、デスクトップに置いてあるファイル・フォルダおよび、なんとかバー(なんていうんだっけ。画面の一番下のスタートボタンとかが並んでるところ。)が出てこない。
  • インターネットにつながり、かつ、CD に書き込み可の PC が(壊れた PC と)別にある。
  • 700MB の CD-R の生ディスクがある。
  • 外付けの USB ハードディスクがある。
  • linux を使ってみる勇気がある。

それで、Windows の症状から、ハードディスクは壊れてないが、設定ファイルに不具合が生じた、ということを判断しました。それで、C(システム)ディスクから、ユーザの設定ファイル。D(データ)ディスクから、ユーザ側の作成ファイル、を USB ハードディスクに避難させることにしました。


1. KNOPPIX という Linux の CD を作ります。

Linux は 一般には PC のハードディスクにインストールしないと使えませんが、KNOPPIX は、CD から Linux(というか、OS)を立ち上げることができます。

1.a http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/index.html

上記公式ホームページから、ダウンロードをクリックします。(下のリンクから直接行けますけどね、、)

http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/index.html#Download

1.b ここの、CD[iso] 700MB CD という所をクリックします。

1.c 最新ダウンロードサイトというのがあります。色々サイトはあるのですが、RING Server の HTTP で充分かと思います。その HTTP ダウンロードサイトに行くと、iso ファイルと、md5 ファイルが 30 個くらい並んでいます。今回私は下記の iso ファイルを取ってきました。

knoppix_v5.0.1CD_20060601-20060614+IPAFont_AC20060623.iso

ちなみに、本来は、同バージョンの md5 をダウンロードしてきて、上記の iso ファイルの検証をしないといけません。でも、やり方を忘れたので、今回は省略。 あと、v5.0.* とかがバージョンナンバーかな、と思います。バージョン 5 以上を取ってきてください。また、IPAFont って書いてあるのが日本語版のようです。

1.d 取ってきたファイルを CD に iso 焼き付けをします。やり方はこちらのサイト
ISOイメージからCD-ROM作成 - フリーソフトでVineLinuxのイメージを作る編
にある通りにすればよいかと思います。


2. KNOPPIX を使用してデータを救出します。

2.aまず、PC を立ち上げてさっきの CD を入れます。そして再起動します。

2.b なにやら英語がぐだぐだーっと、1 分くらい出た後、KNOPPIX の画面が出てきます。

2.c あとは、https://hotstreet.vaio.sony.co.jp/article/article.php?id=31389 に書いてあるとおりにやってください。意外と簡単にできましたよ。