読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yucken の業務上電脳 Tips 日記、なのだよ。-弐式-

いまさら電脳 Tips を書いてみむとして、するなり.元々は広い意味での電脳(コンピュータ)の Tips を書いていたのですが,いつのまにか,解析ツールの「電脳 ruby」の Tips がメインに.‥‥‥で,5 年間放置してたのだけどやはり Tips を書くブログがないと不便なのでふっかちさせたのであります.(・)>

wget のインストール

電脳 ruby ライブラリのインストールはちょっとペンディング。今日、JRA25 再解析データをとってくるために wget をインストールしたのでそのメモ。といっても、下記のサイトを見れば一目瞭然:

wgetをMac OS X 10.4にインストール - BSDあれこれ*

ただ、ちょっと気になるポイントがあったので、ちょこっとメモ。

Index of /pub/gnu/wget からソースをダウンロードする。(2010 年 3 月 6 日現在の最新版は、wget-1.12.tar.gz でした。)

ここで上記サイト(*)では /usr/local/src にソースを置いていました。私の /usr/local には src ディレクトリがなかったので、作りました。普通はこうする (インストールソースを /usr/local/src に入れる) ものなのかな?

$cd /usr/local
$sudo mkdir src

で、ダウンロードしたファイルを持ってきて解凍。私の Safari は ~/Downloads に落としてくれる (非常に面倒。やっぱデスクトップに落とす設定にしようかな〜) ので、

$sudo chmod 777 src (←上記で root 権限で src ディレクトリを作ったので、大開放モードにしておく)
$cd src
$tar xvf ~/Downloads/wget-1.12.tar

あとはコンパイルしてインストール。

$cd wget-1.12
$./configure
$make
$sudo make install

確認。

$wget
wget: missing URL
Usage: wget [OPTION]... [URL]...

Try `wget --help' for more options.

初心者の方は sudo のついたコマンドをいれると、パスワードを要求されるのでびっくりしないでください。