yucken の業務上電脳 Tips 日記、なのだよ。-弐式-

いまさら電脳 Tips を書いてみむとして、するなり.元々は広い意味での電脳(コンピュータ)の Tips を書いていたのですが,いつのまにか,解析ツールの「電脳 ruby」の Tips がメインに.‥‥‥で,5 年間放置してたのだけどやはり Tips を書くブログがないと不便なのでふっかちさせたのであります.(・)>

vim 設定 for ubuntu14 (自分用) おぼえがき

プログラム等の強調表示・色づけ (カラーリング? カラースキーマ?) の設定

全体の色づけ (現在、elflord を使用)

~/.vimrc

colorscheme elflord

IDL の予約語・自分作成関数の強調

~/.vim/syntax/idlang.vim

" my functions
syn keyword DiffAdd myfunction

みたいな感じ

syn keyword idlangRoutine myfunction にしちゃうと元からある関数と区別が付かないので、DiffAdd カテゴリーを借用しているのだと思う。なお、vim の syntax でのコメント分は行頭にダブルコーテーションマークをつける。

IDL: case 文

Ruby: case 文など制御構文 (とりあえず、case のみ. IDL の case も) - yucken の業務上電脳 Tips 日記、なのだよ。-弐式- から独立。

基本はこんな感じ:

case x of 
; 複数行処理の場合
  v1: begin
    (x が v1 と一致する場合に行う処理 1)
    (x が v1 と一致する場合に行う処理 2)
  end
; 単一行処理の場合
  v2: (x が v1 と一致する場合に行う処理)
  else: (x が v1, v2 のいづれでもない場合の処理)
end

複数の値のいづれかに一致するときの書き方

例えば、x = '3' と '8L' のいづれかの時の処理を書く場合

case  1 of
  ( x eq '3' ) or ( x eq '8L' ): begin
    (x が '3' か '8L' の時に行う処理 1)
    (x が '3' か '8L' の時に行う処理 2)
  end 

元の記事:
Ruby: case 文など制御構文 (とりあえず、case のみ. IDL の case も) - yucken の業務上電脳 Tips 日記、なのだよ。-弐式-


この記事は 5 月 29 日に作成投稿しましたが、記事の日時間隔を均等化するために、5 月 24 日投稿扱いに変更します。

Git の勉強

いい加減私もファイルをソフトウェアで管理しますよ…

個人開発者のためのGit 〜実践編 2.〜 | Libra Studio エンジニアブログ

マンガでわかるGit 第5話「過去の状態に戻してみよう」|CodeIQ MAGAZINE

Gitを視覚的に操作できる「SourceTree」のインストール方法

この記事は 5 月 18 日に作成投稿しましたが、記事の日時間隔を均等化するために、5 月 19 日投稿扱いに変更します。

メモランダム on 18th May 2017

JpGU-AGU なんかイベント講演聴講しようかな…

www.jpgu.org

Excel (LibreOffice でも使える) ユーザ定義書式

「ユーザー定義」の表示形式を制覇しよう(記号解説) [エクセル(Excel)の使い方] All About

数の書式コード - LibreOffice Help

英語「力付くで、強引に、総当りで」

brute-force

地理データ図示

埼玉大の谷謙二先生のとか

Google Maps API v3を使った経緯度からのポイント地図化

帰宅困難者対策(社員の分布図作成) | 高橋家のカンパン 災害対策コミュニティ | インフォコムの危機管理ポータルサイト

Windows で FORTRAN コードを vim を使って印刷 (2) 行番号も印刷する

:set pmbcs=MSWINDOWS | set printoptions=wrap:y | set printoptions=number:y | hardcopy > hoge.ps

Karoiya さん版の vim を使用。このコマンドを実行すると、(私のマシンの場合、PDF ビューアがデフォルトでそうだからなのか) Foxit PhantomPDF Express に渡されて PDF ファイルができます。なんか、printoptions の 2 つのコマンドはまとめられそうな気がするのだけど、vim にあまり習熟してないのでよく分からない。まあ、とりあえずこれでよし。

参考にさせていただいたサイト

VimからPDFを作成 - hukidamarisketch

vimエディタで印刷自由自在 その6 -印刷時の文の折り返しと、行番号印刷- : サイト更新停滞ちうっ [ 名無しのVIM使い ]

この記事は 5 月 18 日に作成投稿しましたが、記事の日時間隔を均等化するために、5 月 17 日投稿扱いに変更します。

Ruby でディレクトリがなかった場合に自動でディレクトリを作る

データファイルをディレクトリごとに整理するときに、ディレクトリがなくて失敗することがよくあると思いますが、そういう時の対処。FileUtils.mkdir_p を使用。途中のパスにあるディレクトリがなければそれらも作ってしまえます。

require "fileutils"


...

dirno = "data/201703/"
FileUtils.mkdir_p( dirno ) unless FileTest.exist?( dirno )

Windows で FORTRAN コードを vim を使って印刷

本当は PDF に変換したかったのだけど、印刷できて十分でした、今回は。

VimからPDFを作成 - hukidamarisketch

WindowsFORTRAN コードに色付けするのはやはり秀丸が王道なのかな…。